おすすめの英語や英会話の教材

大人向け、学生向け、子供向け、幼児向けを問わず、一般的に評判の良いおすすめの教材とそうでないものがある。歴史や実績のある商品もあるし、最近の新しい教材でも、新しい理論を反映した英語指導法を採用したものも。従来の勉強方法が合っていた人は実績のある方法、そうでない場合は、新たな学習方法を検討してみるのも良いだろう。実際に実践してみてから、良い、悪い、を決めてもかまわない。ただし、英語教材や英会話スクールなどは価格が高価なものが多いので、評判等を確認しておくに越したことは無い。

TOEIC等の試験対策教材

日本での英語検定試験といったら、現在はTOEIC(トーイック、TOIEC)が代表的だ。多くの企業や大学で採用され、韓国でも多くの受験者がいる。就職の履歴書に書けるようにトーイックの点数で良い点を取りたい人も多いだろう。


TOEICの問題に特化した勉強法もある。あなたの目標の試験結果のスコアに合わせた参考書や問題集、教材もある。満点、900点以上、800点、730点、700点、600点、500点、それぞれの点数に即した対策方法で最良の結果を導きたい。


試験日程は年に10回程度あるので、申し込みはいつでも出来る。試験費用はOTEICの公式ページを確認されたい。試験で満足の結果を獲得するには、リーディング、リスニング、英単語、英熟語等のトータルスキルが要求される(スピーキング以外)。しっかりと試験対策の学習に励んで欲しい。

TOEIC以外の英語検定試験

TOEIC以外の試験としては英検(実用英語技能検定)がある。英検には受験申し込みの際に受験レベルを決める必要があります。


5級は、中学校1年生修了程度の英語力。4級は中学校2年生修了程度になります。3級は中学校3年生修了程度。準2級になると、高校在学程度。そして、2級は高校卒業・大学・一般程度となります。1級は大学や、一般程度で日常生活や社会生活に必要な英語を理解して、口頭でも言いたいことを表現できるといったレベル。そして最後に1級というのは、大学・一般社会で、必要な英語を十分に理解して、自分の意思を表現できるというくらいのレベルになります。


英検以外にはTOEFL(トイフル、トーフル)という主にアメリカ等の海外留学の際に使われることの多い試験があります。PBT/ITPとCBT、iBTという種類がありますが、日本では通常は、iBT(Internet-based Testing)のみが受験可能です。


また、IELTS(アイエルツ)というイギリス系(オーストラリアやニュージーランド)の国での、永住権取得や留学の英語力証明で採用されている英語テストがあります。目標スコアとしては、5.5、6.0、6.5、7.0あたりまでの人が多いでしょう。

海外で英会話出来るために英語教材選び

英語が出来ると何が良いかというと、アメリカやイギリスなどの英語圏の国の海外で英語が通じるということ。要は英会話が出来るということです。


英語の勉強といっても、英語の映画が字幕無しで観れるようになりたいとか、TOEIC等の試験で高得点が取りたいとか、英字新聞が読めるようになりたい等、いろいろとあるかと思います。でも、一番の英語の醍醐味は、英語という言語を使って、日本人以外の世界中の人たちと交流が持てることではないでしょうか。


そのために、英会話スクールに通ったり、マンツーマンの個人レッスンを受けたり、オンラインで英会話の授業を受けたり、NHK英会話講座をやったり、また英会話用の教材で英語の上達に励んだりするわけです。


海外旅行で現地の外国人に英語が通じたらどんなに楽しいことでしょう。ビジネスでも海外の顧客相手に英語が話せれば、仕事場でのあなたの存在価値も上がるはず。


英会話が必要とされるよな場面において、よりいっそう人生を楽しむことが出来ますよ。

幼児(子供)向けの英語教育、そして教材

今でも児童英検というのもあったりする位、子供に対する英語教育熱は高まっています。小学校での英語教育の採用という流れ、それに伴い、教育熱の高い親御さんは、小学校入学前の幼稚園児、また3歳以下の幼児のうちから英語に触れさせて、将来的には英語ネイティブスピーカーに負けない英語力を身に付けさせようという傾向もあります。


児童向け英語教材としては、セサミえいごワールドとはスピードラーニング・ジュニア、また、アルクもエンジェルコースなどの教材を販売しています。ベネッセも同様に教育教材を扱っています。

英語学習を是非、本気で取り組んでみてください。そして実際に海外に渡航してみて下さい。短期のパッケージツアーでもかまいませんが、個人旅行の方がいいですし、年齢によってはワーホリ(ワーキングホリデー)のビザを取得して海外に行くのもいいでしょう。英語圏では、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドなどがありますね。


もちろん海外留学という手段もあります。現地の語学学校に通学する語学留学から、MBAなどの専門分野を学ぶもの。形態としては、親子留学やシニア留学、インターンシップ(ボランティア)留学もあります。エージェント(代理店)を通して申し込むことも可能です。一番人気があるのはやはりアメリカ(USA)です。


現地ではホームステイをして、実際の現地の家庭で暮らすという選択もおすすめです。英語の上達もきっと早いと思いますよ。

Copyright © 英語教材と英会話教材 All rights reserved